公益社団法人日本愛玩動物協会

北海道 秋田 福島 群馬 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 愛知 長野 富山 石川 福井 滋賀 三重 奈良 大阪 和歌山 鳥取 岡山 広島 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄 青森 宮城
2018年11月08日

平成30年 福井県動物愛護フェスティバル (報告)

日時:平成30年10月28日(日)終了時間:9:30~15:00

活動時間:8:30~16:00

場所:ゆうあいひろば(三方郡美浜町)

主催:福井県、(公社)福井県獣医師会

後援:美浜町

協力:(公社) 日本愛玩動物協会 福井県支所、(公社)日本動物病院協会

運営管理:(一社)ふくい動物愛護管理支援センター協会

参加者:福井県支所会員11人

 
フェスティバルチラシ(クリック拡大)

内容:今年は福井しあわせ国体が9月29日~10月15日まで開催されます。それが終わってからのフェスティバルとなります。

福井県支所は動物愛護や適正飼養に関する普及啓発活動を行います。例年のリーフレットの配布、動物クイズ、動物輪投げプラス、災害対策展示の協力となリました。

感想:今年は久しぶりの嶺南開催。場所は国道沿いから少し入ったところで問題なかったが、スタッフ駐車場が遠かったので少し苦戦した。

今年は県や獣医師会の準備会で日本愛玩動物協会もスタンプラリーに参加することになった。また災害対策のコーナーにも協力することになった。例年より事前準備は時間かかった。
当日、出だしは来場者も少なかったが徐々に増えてきた。動物輪投げは終始大人気。スタンプラリーも結構人が来たが、今年初めて行ったということで課題も残った。
動物クイズは例年通り大人気でフェスティバル一番の盛り上がりを見せた。ただ1回目はなかなか決着がつかない、2回目は参加者が少なく、大人も参加型のクイズとなった。
来場者は500人(県発表)になり、準備会で500部作ったリーフレットの配布は356部部配布した。
福井新聞(クリック拡大)
ファミール(クリック拡大)
月刊URALA(クリック拡大)