公益社団法人日本愛玩動物協会

北海道 秋田 福島 群馬 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 愛知 長野 富山 石川 福井 滋賀 三重 奈良 大阪 和歌山 鳥取 岡山 広島 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄 青森 宮城 栃木 静岡 兵庫 2020年度認定連携団体
2018年度または2019年度まで活動のあった県
連携団体未設置府県
2019年12月03日 記載

令和元年度福岡県原子力防災訓練

日時:令和1年 11月30日(土) 8:00〜14:15

場所:福岡県久山町勤労青少年ホーム(愛護動物同行避難訓練)

主催:福岡県・糸島市(佐賀県・長崎県と連携)

参加人数:協力会員3名

(愛護動物は1家族犬2頭でした)

内容:玄海原子力発電所より放射性物質が放出された想定で、対象地域よりの愛護動物同行避難訓練に参加

避難場所到着後、ペットの受付からケージ収容(飼い主が行う)までの案内をいたしました。

今回は猫の避難も想定しぬいぐるみで収容までの訓練も実施しました。

感想:福岡県ではごく一部がUPZにかかるためか、住民の意識が上がってこない印象があります。

愛護動物同行避難訓練も、参加者を集めることに毎回苦労しています。

風水害や地震と違い、遠くに避難することがネックになっているのでは無いかと思われます。

手順の習熟に関してはぬいぐるみでも可能かと思いますし、色々な想定が出来そうです。