公益社団法人日本愛玩動物協会

北海道 秋田 福島 群馬 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 愛知 長野 富山 石川 福井 滋賀 三重 奈良 大阪 和歌山 鳥取 岡山 広島 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄 青森 宮城
2018年03月11日

宮城県支所主催 人と動物の関わりを考えるセミナーが終了しました

〈日時〉3月8日  9:30~12:00

〈参加人数〉16名(協会員14名・一般2名)

〈内容・感想〉

第1部として、宮城県で動物愛護管理業務を担当されている職員の方からのお話。

宮城県内の主に犬と猫の登録・苦情・捕獲・引取に関する状況をお話いただきました。なかなか明確な数字を知る機会が少ないので、興味深い内容でした。

特に県が捕獲や引取をした頭数は、大きく減少の傾向にあり、その後も愛護センター・譲渡団体さんの活動により譲渡される頭数が増えてきている事に嬉しさを感じました。

第2部はペットのしつけのお話。

参加された方のほとんどが犬や猫を飼っていることもあり、もう一度しつけについて考える機会になったのではないかと思いました。

各ご家庭での問題に関する質問もあり、しつけについての関心の深さを感じました。

(菊地)