公益社団法人日本愛玩動物協会

北海道 秋田 福島 栃木 群馬 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 静岡 山梨 愛知 長野 富山 石川 福井 滋賀 三重 奈良 大阪 和歌山 兵庫 鳥取 岡山 広島 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄 青森 宮城
2018年10月27日

彩の国さいたま 動物愛護フェスティバル 2018【動物愛護週間行事】

日時: 2018年 10月27日(土) 9:00~16:30

場所: 所沢航空記念公園 (所沢市並木1-13)

対象: 一般来場者

内容: 所沢市民フェスティバル内、動物愛護フェスティバル 式典・聴導犬のお話とデモンストレーション・飼育相談・獣医師なりきり体験・マイクロチップ体験・ボディシール・バルーン・お絵描きなど。

支所活動内容: どうぶつ折り紙釣りゲーム・どうぶつ〇✕クイズ・ひととどうぶつの防災を考える〇☓クイズ・動物防災啓発・愛護啓発パンフレット・ウンチ袋配布など。

主催: 埼玉県・狭山保健所管内所沢狂犬病予防協会

後援: 公益社団法人 埼玉県獣医師会

協力: イオンリテール 株式会社

来場者人数: 27日28日2日間で約23万人(所沢市民フェスティバル実行委員発表)

参加人数: 埼玉県支所協力会員 6名

【感想】

*お子様が、私たちのブースでのゲームを楽しまれる様子を見て、私自身も、より一層のやる気が出てきました。
 お子様がたは、こうしたことを通じて将来、どうぶつ愛護もさることながら、どうぶつとの共存・共生を担っていくことになると思われます。
そのお手伝いに、微力ながらも関わることが出来てとてもやり甲斐を感じられた次第です。

*羽生水郷公園わくわく公園まつりに参加して2回目の参加になります。
 当日の早朝は雨が降っていたのですが、開始のころにはすっかり上がっていてだんだんと暖かくなってきました。お子さんにどうぶつに関するクイズを出し遊んでもらった後に折り紙やシールのプレゼントをして大勢のお子さんに少しでもどうぶつのことを知ってもらえたと思っています。どうぶつ折り紙釣りゲームにはどうぶつに関する1問問題がついていて解く楽しみもあったようです。
 お子さんだけでなく、大人の方にもパンフレットをお渡しし、啓発活動が行えたものと思っております。
 10年近くお会いできていなかった方にも会えて参加したかいがありました。

*沢山の方たちが来場されて子供達も折り紙釣りコーナーや、〇☓クイズも楽しんで参加してくれた様に思います。犬連れの飼い主さんも大勢いて、少しだけ声掛けさせて頂く中で、まだまだ同行避難等、個々の知識が浸透していない事を感じました。たぶん知るきっかけが少ないのではないかと思い、もっとあらゆる場所において地道に活動をしていく事が必要なのだなと考えさせられました。次の機会に活かしたいと思います。

*午前中は雨上がりで肌寒かったのですが、フェスティバル開始時刻を過ぎたら快晴になり、会場もあっという間に賑やかになりました。
今回は、何年か振りに再会した仲間と一緒に活動できた事が嬉しかったです。
フェスティバルのスタッフ参加は何度も経験していて、ブース内はほぼ同じ内容ではありますが、毎回新たな気づきがあって勉強になることばかりです。
 フェスティバルでは、小さなお子さんにクイズやゲームを通じてどうぶつに親しみを感じ、愛護に興味を持ってもらえることが期待出来ますし、大人は飼育相談や飼い主さん自身のお悩みにも対応する事が出来る機会なので、来年も1人でも多くの方に来て頂いて、楽しく学んでいただけたら嬉しく思います。