公益社団法人日本愛玩動物協会

北海道 秋田 福島 群馬 茨城 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 愛知 長野 富山 石川 福井 滋賀 三重 奈良 大阪 和歌山 鳥取 岡山 広島 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄 青森 宮城 栃木 静岡 兵庫 2020年度認定連携団体
2018年度または2019年度まで活動のあった県
連携団体未設置府県
2019年12月01日 記載

公開セミナー 「ペットと共に暮らすということ」 ~あなたにもしもの事があってもペットを護る為に今あなたが出来る事~

日時: 2019年12月1日(日) 14:00~16:20 (13:30 開場)

場所: ウエスタ川越 2階 活動室4 (定員25名)

対象: 一般

内容: 愛玩動物飼養管理士資格を持ち、活躍していらっしゃる介護支援専門員の倉田美幸さん、行政書士の戸田一志さんをお招きし、飼い主としてのあなたにもしもの事があってもペットを護る為に、今あなたがペットのためにできる事をお話していただきました。

参加者: 11名  スタッフ 4名

【感想】

*色々と知識を得る事ができました。今は「修正飼養」から、もっと柔軟な対応を考える時と思います。 ありがとうございました。

*飼養管理士、弁護士、法律家等の連携が必要だと思いました。それぞれの立場から飼い主のことを見守る(情報交換が)大切になってくると思います。

*こういう知らない事を無料で教えて頂き有り難いです。

*倉田さんの話わかりやすかった。

*ビジネス実務検定の勉強をしたことがあるので、法律系の話をきく分には面白いなと思いました。 対談いいですね!

*法律についての知識がなかったので、この様な方法でも自分に何かあった時に残されたペットを護る手段があるのだと勉強になりました。シニア期にペットと暮らす問題は、今まさに現実問題として取りあげるべき事だと思います。 このテーマは色々な所で声にしていきたいと感じました。

*シニア期に動物ペットと暮らすのは家族や周りの支援が必要なので、ふだんからお互いに助け合えるような人間関係を築いておくのが大切だと感じました。
飼い主が万が一のことがあったときの備えをよく考えて家族と話し合いをふだんからしておく必要性を感じました。(ペットの世話を信頼できる人にたくすなど)難しい問題だと思いました。(お金の問題など特に難しいです)