公益社団法人日本愛玩動物協会

ひよこ

上級愛玩動物飼養管理士

本協会の会員である愛玩動物飼養管理士の皆さまへ
「1級愛玩動物飼養管理士」のワンランク上の資格取得を目指してみませんか?
「上級愛玩動物飼養管理士」は、ペットの適正飼養の普及啓発に関する実践的な活動能力や経験を認証するためにつくられた新しい資格制度です。
平成28年度の募集要項のお取り寄せ期間は終了しました。
現在、プログラムに参加され、平成28年度に認定を希望される方は、平成28年4月30日(土)必着で管理士活動の実績記録簿とレポートをご提出ください。

1.上級愛玩動物飼養管理士とは

上級管理士制度は、1級愛玩動物飼養管理士の資格取得者及び公益社団法人日本愛玩動物協会(以下「協会」という。)の会員が、愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動に関してより一層の研鑽を図ることを推奨するとともに、その活動実績を適確に評価することを目的としてつくられた新しい顕彰制度です。

上級管理士とは、愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などに関する実践的能力及び経験を有する者として、公益社団法人日本愛玩動物協会(以下「協会」という。)が認定登録をします。
写真

2.資格の取得方法

取得の流れ
1.参加申し込み まず、上級愛玩動物飼養管理士の資格認定プログラムへの参加申し込みをしてください。
2.申込書の提出及びプログラム参加料の納入 申込書の提出及びプログラム参加料(5千円)の納入をすると、「管理士活動の実績記録簿4枚(4カ年間分)」が送られてきますので、
年度ごとの活動実績を記入して、資格認定をしようとする年の4月末日までに協会に提出してください。
その際、レポートの提出も忘れないようにお願いします。
なお、資格認定を受けるためには、3年以上分の所定の活動実績等が必要になりますが、資格認定プログラムへの参加申し込みは、必ずしも2年以上前に行わなくても構いません。
資格認定プログラムに参加する以前の活動実績も評価対象になりますので、資格認定をしようとする年の2月末日までに協会に申し込みを行ってください。
3.審査 提出していただいた管理士活動の実績記録簿及びレポートの審査結果(合否判定)は、6月末日までにご連絡します。
4.認定登録手続き 合格されただけでは、上級愛玩動物飼養管理士の資格を取得したことにはなりません。
合格された場合は、認定登録手続き(認定登録料(1万円)の納入)をしてください。
認定登録手続きが完了すると、上級愛玩動物飼養管理士の認定登録証及びバッジが送られてきます。
合格されても、合否通知を受け取ってから2カ月以内に認定登録の手続き(認定登録料の納入)を完了しないと、せっかくの合格が無効になってしまいますのでご注意ください。

3.資格の認定評価基準

上級愛玩動物飼養管理士は、次の認定評価基準を満たした人に対して、公益社団法人日本愛玩動物協会により認定されます。
審査は、公益社団法人日本愛玩動物協会に設置された審査会によって行われます。

(1)「マネージメント能力や協調性」、「適正飼養の普及啓発活動の実施経験」、「知識や情報の収集活動実績」、「意欲や熱意」の4種類の活動評価項目について、2年以上にわたる所定の実績があると認められること
(2)愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動の実施に関して、所定の思考力や倫理感を有していると認められること
(3)上級愛玩動物飼養管理士の認定登録時に1級愛玩動物飼養管理士の資格を取得していること
(4)公益社団法人日本愛玩動物協会の会員であること

4.認定評価基準の評価方法

新規認定の場合 新規認定の場合は、次の基準のすべてを満たすことが必要になります。また、この他に、認定登録時までに1級愛玩動物飼養管理士の資格を取得していること及び協会の会員であることが必要になります。

①活動の評価基準
・活動評価点の総合計点が140点以上
・各1年間の活動評価点の総合計点が40点以上
・各1年間の各活動評価項目ごとの個別評価点が3点以上
※3年以上の2年間の活動実績を評価します。

②思考力や倫理感の評価基準
「愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動の実施において経験した問題点とそれを解決するために実施したこと」について記述したレポートの提出が義務付けられています。当該レポートの内容は、協会に設置された審査会によって審査されます。また、レポートは、ワープロで作成・印字されたものでなければなりません。
更新の場合 更新の場合は、次の基準のすべてを満たすことが必要になります。また、この他に、認定登録時までに1級愛玩動物飼養管理士の資格を取得していること及び協会の会員であることが必要になります。なお、新規認定の場合と異なり、レポートの提出は必要ありません。

・3年間における活動評価点の総合計点が100点以上
・各1年間の活動評価点の総合計点が30点以上
・各1年間の各活動評価項目ごとの個別評価点が3点以上
活動の評価点数のつけ方 活動評価項目1 マネージメント能力や協調性(上限10点)
①日本愛玩動物協会の支所長を務めた(10点)
②日本愛玩動物協会の支所(協会本部を含む)が主催または関与する適正飼養の普及啓発活動の業務を手伝った(1回:3点、2回:6点、3回~:10点)
③自治体の動物愛護推進員を務めた(2点)
④日本愛玩動物協会以外のペット関連団体が主催する適正飼養の普及啓発活動の業務を手伝った(3点)
⑤自治会やPTA等のボランティア団体の役員、会社の管理職を務めた(1団体:3点、2団体~:5点)

活動評価項目2 適正飼養の普及啓発活動業務の実施経験(上限20点)
①日本愛玩動物協会の支所が主催または関与する適正飼養の普及啓発活動の業務を手伝った(1回:5点、2回:12点、3回~:20点)
②行政機関が主催する適正飼養の普及啓発活動の業務を手伝った(1回:2点、2回~:4点)
③日本愛玩動物協会以外のペット関連団体が主催する適正飼養の普及啓発活動の業務を手伝った(1回:1点、2回~:2点)

活動評価項目3 知識や情報の収集活動実績(上限15点)
①日本愛玩動物協会の会員になって機関誌を購読した(8点)
②協会のホームページを閲覧した(年1回~5回:1点、年5回~:2点)
③日本愛玩動物協会の本部または支所活動行事に参加者として参加した(1回:3点、2回:6点、3回~:8点)
④ペット関係のシンポジウムやセミナーに参加した(1回:2点、2回:4点、3回~:5点)
⑤動物愛護管理関係の文献を読んだ(1冊:2点、2冊以上:4点)

活動評価項目4 意欲や熱意(上限15点)
①ペットを飼っている(8点)
②日本愛玩動物協会の支所協力会員として登録している(4点)
③知人等にペットについて学ぶことの重要性を広めた(普及啓発切手を購入・使用した:3点、 普及啓発ステッカーを購入・貼付した:3点、日本愛玩動物協会の機関誌やリーフレットを知人等に紹介した:2点)
④日本愛玩動物協会または全国緊急災害時動物救援本部などのペット関連団体に3千円以上の寄付をした(4点)
普及啓発ステッカーや切手シートは、こちらからお申し込みください

5.費用

認定登録プログラムの参加料(有効期間は最長3カ年度) 5,000円
認定登録料 10,000円
認定登録の更新料(更新期間は3年ごと) 5,000円

6.資格の有効期間(更新手続き)

更新の流れ
上級愛玩動物飼養管理士の資格は、1級・2級愛玩動物飼養管理士の資格と異なり、有効期間があります。
3年ごとに更新手続きをしないと無効になりますのでご注意ください。
更新の際には、あらためて「更新申請書」及び「管理士活動の実績記録簿3枚(3カ年間分)」を提出するとともに、
更新料を納入することが必要になります。
なお、「更新申請書」及び「管理士活動の実績記録簿3枚(3カ年間分)」については、わざわざご請求をいただかなくても、
資格の有効期間が満了する年の3月末日までに、協会から認定登録をしていただいた住所にお送りしますので、ご安心ください。
※住所変更があった場合には、更新の手続き書類が届かなくなってしまいますので、必ず協会に届出をお願いします。

7.その他

資格の認定申請内容に、虚偽または不正があったことが判明したとき、「上級愛玩動物飼養管理士」の名称を利用して、公序良俗に反する行為を行うなど協会の資格認定事業に関する社会的評価を侵害する行為をしたと認められるときは、資格の認定が取り消されることがありますのでご注意ください。

8.資料請求

平成29年度 上級愛玩動物飼養管理士の申込について資料をご希望の方は、
下記の受付フォームよりご請求ください。(無料でご請求いただけます)
※資料は平成28年12月上旬から順次発送を予定しております。
※資料には申込必要書類(申込書・受講受験料の払込用紙等)が含まれます。
お名前 (必須)
ふりがな (必須) せい めい
協会会員番号  ※7桁の半角英数字
※非会員の方には合格時に入会申込書を同封します。
愛玩動物飼養管理士
認定登録番号
 ※9桁の半角英数字
メールアドレス (必須)  ※半角英数字
日中に連絡可能な電話番号 (必須)  例)03-3355-7855 ※半角英数字
郵便番号 (必須)  例)1600016
※郵便番号を入れると、住所が自動入力されます
都道府県 (必須)  例)東京都
住 所 (必須)  例)新宿区信濃町
番地 (必須)  例)1-1
建物名など  例)◯◯◯マンション201号室