公益社団法人日本愛玩動物協会

ひよこ

助成事業助成事業

家庭動物の適正飼養管理に関する調査研究助成

公益社団法人日本愛玩動物協会では、家庭動物の適正な飼養管理について、科学的知見を踏まえた各種普及啓発活動を実施するための基盤整備を図ることを目的に、調査研究活動への助成事業を行います。
本事業は、各種普及啓発活動の実施に必要な科学的知見の整備に関する調査研究の活性化を図るため、大学・研究所等に対して助成を行なうものです。
<
1. 助成対象となる調査研究 家庭動物(犬、猫、小鳥、小動物などで広く一般的に飼われているもの)の適正飼養管理に関する調査または研究に限ります。
※家庭動物の適正飼養管理に、直接的・将来的に結びつくものであることが助成の条件となります。※営利目的、他の機関からの委託研究や研究助成の重複、実質的に完了している研究は除きます。
本調査研究助成は、学術機関等からの助成を受けにくい状況にある「家庭動物の適正な飼養管理に関する調査研究」を推進し、そこで得られた知見を「一般的な飼い主に対して普及啓発すること」を目的として実施しているものであります。本事業に対しては、過去に多数のご応募を頂いておりますが、採用を見送らせて頂きましたものについては、非常に高度で専門的な内容で一般の飼い主への普及啓発とは乖離しすぎていると思われるもの、営利事業に関係する内容のもの、外来種等の飼養管理の容認に結び付くおそれのあるもの、技術面・人的能力等から見て実効性・実現性に疑問がある応募につきましては、本調査研究助成の趣旨から外れるものとして判断させて頂きました。また、人文系の分野に関する内容の応募が以前に比べ少なくなってきておりますので、生命科学の分野に限らず、幅広い分野からの応募をお待ちしております。
調査研究分野
(1) 動物の健康と安全、習性、生理生態
(2) マナー、しつけ
(3) 公衆衛生(迷惑防止を含む)
(4) 所有者明示
(5) 繁殖、繁殖制限
(6) 動物観、歴史
(7) 法令
(8) その他
2. 応募者の資格 資格、所属、年令等の制限はありませんが、上記調査研究分野で調査研究歴を有する者とします。申請書に下記事項を記載していただきます。
・最終学歴
・関連する研究歴
・既発表論文(掲載誌名、論文名)
・共同研究者名
・所属学会名等
3. 助成金額(予定) 総額約400万円(1) 1件100万円以下数件、(2) 1件30~50万円程度数件
※応募者の中から、審査の上、それぞれの助成額を決定します。
4. 助成期間 1年間(平成31年4月~平成32年3月)
※単年度で成果報告ができる調査研究を対象とします。
5. 応募の方法 応募者は本協会所定の申請書に必要事項を記入の上、必ず郵送にて提出して下さい。提出された申請書等は一切返却しません。申請用紙は、下記よりダウンロードしてください。また、所属機関長等の承諾書を添付していただきます。
※メール等での応募の受付は致しません。
※所属研究機関をもたない場合は、大学の指導教員等の推薦書を添付してください。

申請書(ダウンロードリンク)

ワード    pdf
6. 応募期間 平成30年4月2日(月)~平成30年9月14日(金)に申請書類等、必着とします。
7. 審査基準 次の事項を総合的に勘案して審査します。
(1)本協会の公益目的事業との適合性
(2)適正飼養管理への応用の可能性
(3)学術的価値
(4)調査研究の遂行能力
8. 助成対象者の決定 本協会の審査基準に基づき、選考委員会で審査選考の上、本協会理事会にて決定します。
9. 選考結果 選考結果を平成31年2月までに文書で各申請者に通知します。
※採否の理由についてのご照会には回答いたしかねます。
※本協会は申請者から知り得た情報等は、他に漏らすことはありません。
10. 調査研究成果の報告等 助成決定者は、平成31年4月初旬までに調査研究の成果報告書及び会計に関する報告を提出していただきます。当該報告書は本協会の機関誌、ホームページ等で公開する予定です。
学会等の講演、雑誌等発表する場合、本協会の調査研究助成金を使用したことを明記していただきます。

助成実績

概日リズム(体内時計)に基づくイヌの最適な食事時間および食事回数の検討

国立大学法人東京農工大学大学院農学研究院 講師 大森 啓太郎

「家庭動物法の基礎理論」の研究-最新の欧米理論調査と日本法への応用可能性の探究

ー一橋大学大学院法学研究科 教授 青木 人志
ー成城大学法学部 教授 打越 綾子
ー愛知学院大学法学部 准教授 三上 正隆
ー東京家政大学 非常勤講師 今泉 友子

犬の分離不安症発症に対するセロトニン関連遺伝子の多型の影響

ー岐阜大学大学院連合獣医学研究科 倉地 卓将

高等学校における譲渡犬の教材化

ー岡山県立瀬戸南高等学校 原 敬一

都市部における飼い猫および野良猫の行動モニタリング調査

一帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科 加隈 良枝

自治体シェルターにおける動物群動態および疾患状況に関する疫学的研究

一日本獣医生命科学大学獣医学部獣医保健看護学科  水越 美奈

日・中・韓における動物観の比較研究

一日本大学生物資源科学部動物資源科学科 小林 信一
一日本大学生物資源科学部動物資源科学科 小泉 聖一
一日本大学大学院生物資源科学研究科 福澤 めぐみ
一日本大学大学院生物資源科学研究科 汪 斐然
一日本大学大学院生物資源科学研究科 徐 美朗

飼い主がしつけ教室で学ぶこと ―犬の行動原理の理解テストを通じて―

一関西学院大学文学部総合心理科学科 中島 定彦

家庭動物における認知症に係わる記憶機能の基盤となる脳領域の回路解析

一東京農工大学大学院農学研究院獣医解剖学研究室 柴田 秀史

北海道における鳥獣店の歴史 ―聞き書きを介した若干の考察―

一札幌国際大学 人文学部 現代文化学科 大月 隆寛

家庭動物を対象としたマルチローカスSTR解析による身元証明(個体識別)技術に関する研究

一日本獣医生命科学大学獣医学部獣医保健看護学科 近江 俊徳

適正飼育された犬がもたらす子どもたちへの効果に関する研究

一ヒトと動物の関係に関する教育研究センター 伊澤 都

法教育および環境教育との接合を意識した動物愛護教育の方法と教材の開発

一一橋大学大学院法学研究科 青木 人志
一一橋大学大学院社会学研究科 関 啓子

MORE