公益社団法人日本愛玩動物協会

ひよこ

機関誌『愛玩動物 with PETs』機関誌『愛玩動物 with PETs』

人とペットが幸せに暮らすためのライフスタイルを提案する機関誌『愛玩動物 with PETs』。
ペットにかかわるさまざまな情報や協会からのお知らせ、連携団体の活動の様子を掲載しています。

隔月(奇数月)年6回発行 1部1,000円

協会会員の方には、定期的に機関誌をお届けいたします。協会会員についての詳細はこちらをご覧ください。
機関誌のバックナンバーなどの購入は、こちらからお申し込みください

276号(2020年11月号)

写真1

ペットを病気から守るには

第1章 ペットを病気にさせないように
    飼い主の不注意で起こりやすい病気
①栄養が偏ると起こりやすい病気
②運動の過不足で起こりやすい病気
③衛生管理を怠ると起こりやすい病気
④不適切な環境によって起こりやすい病気・ケガ
⑤予防を怠ると起こりやすい病気

第2章 ペットがかかりやすい病気
①ペット共通の代表的な病気
②品種によって多い病気
③ライフステージによってかかりやすい病気
④飼養環境によってかかりやすい病気
⑤ウサギやハムスターなどに特有の病気
⑥鳥類・爬虫類(カメ)に特有の病気

第3章 ペットが病気になったら
    飼い主として知っておきたい治療のキホン
①動物病院の基本
②診察の基本
③手術の基本
④飼い主による投薬

275号(2020年9月号)

写真1

「適正飼養」の普及活動を考える

第1章 「適正飼養」の考え方の移り変わり
ペットの適正飼養とは

第2章 法律で定められた「適正飼養」とは
①「動物愛護管理法」における適正飼養
②「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」

第3章 適正飼養の普及啓発のための各種手段
①動物愛護週間の歩み
②普及啓発活動のこれまでとこれから

[海外レポート]
①英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)
 インスペクター(査察官)の主な役割と研修制度
②スウェーデンにおける犬のインストラクター教育

274号(2020年7月号)

写真1

十二支から見た人と動物の関係

十干と十二支の基礎知識
・子
・丑
・寅
・卯
・辰
・巳
・午
・羊
・申
・酉
・戌
・亥
設立四十周年記念誌『四十年のあゆみ』を刊行しました

273号(2020年5月号)

写真1

産業動物を知る

第1章 産業動物の歴史
第2章 産業動物の福祉と適正飼養
①産業動物の取り扱いの歴史
1)欧米における動物に対する思想の変遷
2)日本における動物に対する思想
②産業動物の福祉の考え方
1)「アニマル・ウェルフェア」とは
2)現在の欧米・OIEの動物福祉
[Column]産業動物を理解するための用語集
第3章 日本の産業動物
①日本の畜産業の現状
1)日本の畜産業
2)主な産業動物の種類と利用実態
[Column]主な産業動物の品種とライフサイクル
②日本の産業動物のアニマル・ウェルフェア
第4章 畜産農家の実例紹介
実例① ぶぅふぅうぅ農園
実例② 丸一養鶏場
実例③ 磯沼ミルクファーム

海外レポート:スウェーデンにおける産業動物のウェルフェア

272号(2020年3月号)

写真1

写真で見る「適正飼養」の風景

第1章 はじめに ~日本人とペットとの関係~
第2章 ペットの飼い方・暮らし方
 ①犬のいる暮らし
 ②猫のいる暮らし
 ③人とペットの高齢化
 ④エキゾチックペット
 ⑤ペットと暮らす住まい
 ⑥ペットツーリズム
 ⑦災害対策
 ⑧ペットとIT
第3章 ペットを取り巻く産業
 ①生体
 ②ペットフード
 ③獣医療
 ④その他のサービス
第4章 行政機関の動物愛護管理施策
 ①行政施策の変化
 ②動物愛護管理施策の役割の多様化
第5章 動物愛護管理の普及啓発教育 ~公益社団法人日本愛玩動物協会~
 ・全国ペット写真コンテスト「ペット大賞」全作品掲載!

271号(2020年1月号)

写真1

改正 動物愛護管理法と愛玩動物看護師法

[Part1]改正 動物愛護管理法
(1)「動物愛護管理法」のこれまでの概要
(2)令和元年の改正ポイント解説
 ①マイクロチップ装着の義務化
 ②幼齢犬猫の販売等の規制
 ③第一種動物取扱業遵守基準の内容の具体化等
 ④動物取扱責任者の要件の充実等
 ⑤周辺環境保全の勧告・命令措置
 ⑥拾得者などからの犬猫の引取りの拒否
 ⑦特定動物に関する規制の強化
 ⑧罰則の強化
[Part2]愛玩動物看護師法
(1)動物看護という仕事とは
 ①職業解説
 ②これまでの教育
(2)「愛玩動物看護師法」成立までの経緯
(3)「愛玩動物看護師法」のポイント解説
 ①愛玩動物看護師法の概要
 ②国家試験の受験概要
海外レポート:スウェーデンの国家試験「動物医療看護師」