公益社団法人日本愛玩動物協会

ひよこ

機関誌『愛玩動物 with PETs』機関誌『愛玩動物 with PETs』

人とペットが幸せに暮らすためのライフスタイルを提案する機関誌『愛玩動物 with PETs』。
ペットにかかわるさまざまな情報や協会からのお知らせ、連携団体の活動の様子を掲載しています。

隔月(奇数月)年6回発行 1部1,100円(税込)

協会会員の方には、定期的に機関誌をお届けいたします。協会会員についての詳細はこちらをご覧ください。
機関誌のバックナンバーなどの購入は、こちらからお申し込みください

279号(2021年5月号)

写真1

変わる「愛護・適正飼養」

第1章 社会の変化と適正飼養
①人の社会・経済情勢の変化
②「適正飼養」の概要と範囲の変化

第2章 愛玩動物看護士の新カリキュラムから見えてきたもの
①「愛護・適正飼養」の必要性と定義
Column➀「愛護・適正飼養」の学際性
Column②「変化に弱い」状態から脱却するには

第3章 「愛護・適正飼養の普及活動」の変化
普及啓発活動はどう変わったか
interview 環境省の動物愛護管理室長に聞く”新しい時代”の愛護・適正飼養

第4章 日本愛玩動物協会の取り組み
➀本協会の「これまで」の取り組み
②本協会の「これから」の取り組み

ほか

278号(2021年3月号)

写真1

動物の血統書と血統管理

第1章 「血統管理」の歴史とその目的
①「馬」の血統管理の歴史
Column① 23代にわたり、250年以上受け継がれている血統 名馬「エクリプス」
②血統管理される動物たち
③血統管理と品種改良

第2章 ペットの血統書
①ペットの血統書の歴史と目的
②犬の血統書
③猫の血統書

第3章 品評会・競技会に行ってみよう
①ドッグショー
Column② ドッグショー見学の楽しみ方
②キャットショー
Column③ キャットショー見学の楽しみ方
③訓練競技会やアジリティーなど

ほか

277号(2021年1月号)

写真1

「動物文学」と動物愛護思想の普及啓発

第1章 雑誌『動物文学』の誕生と日本の近代動物文学
第2章 代表的な動物文学作品
① ノンフィクション ~科学と文学の調和~
② フィクション ~生態を理解して描く小説・童話~
③ ファンタジー・寓話 ~空想世界の動物たち~
第3章 代表的な動物文学作家
① 海外 ~さまざまな経歴の多彩な顔ぶれ~
② 日本 ~戦後に大きく花開く~
第4章 子どもと動物絵本
動物絵本から学ぶ「動物へのまなざし」

Column① 動物民話の「変身」から読み解く
 人と動物の関係
Column② 井上円了から学ぶ
「わかりやすく伝える」ということ
Column③ 子どもたちの動物福祉・愛護精神を育む
 日本動物児童文学賞
動物文学を代表する作家・作品リスト

276号(2020年11月号)

写真1

ペットを病気から守るには

第1章 ペットを病気にさせないように
    飼い主の不注意で起こりやすい病気
①栄養が偏ると起こりやすい病気
②運動の過不足で起こりやすい病気
③衛生管理を怠ると起こりやすい病気
④不適切な環境によって起こりやすい病気・ケガ
⑤予防を怠ると起こりやすい病気

第2章 ペットがかかりやすい病気
①ペット共通の代表的な病気
②品種によって多い病気
③ライフステージによってかかりやすい病気
④飼養環境によってかかりやすい病気
⑤ウサギやハムスターなどに特有の病気
⑥鳥類・爬虫類(カメ)に特有の病気

第3章 ペットが病気になったら
    飼い主として知っておきたい治療のキホン
①動物病院の基本
②診察の基本
③手術の基本
④飼い主による投薬

275号(2020年9月号)

写真1

「適正飼養」の普及活動を考える

第1章 「適正飼養」の考え方の移り変わり
ペットの適正飼養とは

第2章 法律で定められた「適正飼養」とは
①「動物愛護管理法」における適正飼養
②「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」

第3章 適正飼養の普及啓発のための各種手段
①動物愛護週間の歩み
②普及啓発活動のこれまでとこれから

[海外レポート]
①英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)
 インスペクター(査察官)の主な役割と研修制度
②スウェーデンにおける犬のインストラクター教育

274号(2020年7月号)

写真1

十二支から見た人と動物の関係

十干と十二支の基礎知識
・子
・丑
・寅
・卯
・辰
・巳
・午
・羊
・申
・酉
・戌
・亥
設立四十周年記念誌『四十年のあゆみ』を刊行しました